クリニック・歯科医院集患Blog
| 医療機関の広告、集患対策について

医療機関の広告、集患対策について

(2016年7月1日 3:46 PM更新)


今回は、クリニックや歯科医院向けの集患、増患対策やホームページ制作や運用のお話しをします。

 

開業して間もない場合や、そうでなくても激戦区で競合の医院が増えて新患がなかなか来ないなど、集患、増患でお悩みいの医院様は多いと思います。

ただ何から手を付けて良いかわからない、何にお金をかけて良いかわからない。といった声、ご相談もよく伺います。

そんな中で、クリニックや歯科医院様には、集患対策、SEO対策、ホームページ制作などのセールス電話は嫌というくらいかかってきているのではないでしょうか。業者により、値段も提案内容も様々だと思いますが、中には不必要なものまで売り付けてくる悪質な業者も多くいるので十分気を付けて下さい。

ここでは、集患をするために考えられることを挙げてみます。

 

  1. 医院の外観(看板や外装など)などで集患
  2. ホームページやSEO対策で集患
  3. 折り込みチラシやポスティングで集患
  4. 駅前看板やネット広告で集患
  5. 口コミで集患

など。

 

様々な方法が考えられますが、それぞれ一長一短や適性があり、どれにどれくらい費用や労力を使うべきか考えていく必要があります。

 

クリニック、歯科医院の広告規制

中でも、注意が必要なのは、1,3,4番目に挙げた『広告』に該当するものです。

医療機関においては、この「広告」が厳しく法律で制限されおり、広告できる内容や方法に厳しいルールがあります。

このブログでも別途詳しくお話ししますが、詳しい情報は公式の、

医療法における病院などの広告規制について(厚生労働省HP)

をご参照下さい。

 

このようなルールや制限があるために、広告に費用をかけても思ったような効果が得られないケースもあるため、実施前によく検討するようにして下さい。

 

広告規制のないホームページとSEO対策

基本的に私は、しっかりとしたホームページ制作とSEO対策による集患を推奨しているのですが、その理由の一つに、ホームページやSEO対策が、現在は広告規制の対象になっていないという事があります。

もちろん、それ以外にも重要である理由がありますが、広告規制の制限を受けずに、ある程度自由度の高い内容で医院の情報発信や告知ができるホームページ+SEO対策は、宣伝という観点において、現在最も効率的で重要と考えて良いと思います。

 

やはり患者満足(評判や口コミ)が最も大切

最後に上げた『口コミ』対策は最も大事なものですが、どれだけ広告や宣伝が成功しても、患者さんの満足が低く評価が低ければ、いつしか経営は息詰まります。逆に評判が良いと患者は増え続けるに違いありません。どんな業態でも言えることですが、特に地域密着型であるクリニック、歯科医院様にとって、そのエリアで一度ついた悪いイメージは命とりとなります。

『患者さんの満足』を第一に医院経営や診療をする事が、長い目で見て最も効果の高い集患方法なのは間違いありません。経営やビジネスの基本ですが、意外と金と人まかせの方法でなんとかなると思っている医院様も多いように感じますので、念のため最後に補足させて頂きました。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前へ:«
次へ: »

カテゴリ【集患・集客】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る


▲PageTop